TIPS

帝国データバンクや東京商工リサーチのサービスは個人利用できるか?

更新日:

あの会社の情報がどうしても欲しい!(個人的に)

  • 不動産購入したいけどこの管理会社大丈夫?
  • 息子が内定もらった会社が気になる
  • 芸能人がオーナーの企業情報を個人的にみたい

このような個人的な事情で企業情報が欲しいとき、どうすればいいの?

スポンサーリンク

帝国データバンク、東京商工リサーチの企業情報の個人利用は間接的にならできる

帝国データバンクのcosmosnet(コスモスネット)、東京商工リサーチではtsr-van2(ティーエスアールバンツー)と、オンラインでの企業情報提供サービスは知っていてもこれは法人向けのサービス。

どちらのサービスも法人でないと契約することができません。

ポイントは、この二社がパートナーシップを結んでいる会社

明確な理由は分からないのですが、なぜかこの大手二社がデータ供給しているサービス経由だと個人利用できます

しかもTDB、TSRが提供しているデータそのままなのです。

スポンサーリンク

間接的に帝国データバンク、東京商工リサーチのデータが買えるサービス

@niftyビジネス(登録無料、月額費用ゼロ)

@niftyIDもしくは@niftyをユーザー名を作成すればすぐに利用可能。

月額費用もかかりません。

TDBの企業情報は1,600円、TSRの企業情報は1,200円で見ることができます。

ジー・サーチ データベースサービス(登録無料、月額300円)

こちらでは個人会員のことをクレカ会員と呼んでいます。

ただし月額の利用料金300円がかかることは注意。

TDBの企業情報、TSRの企業情報どちらも一律1,600円となっています。

スポンサーリンク

帝国データバンクでも490円で簡易情報は入手できる

あまり知られていないかもしれませんが、

簡易情報でよければ帝国データバンクの公式ウェブサイトから購入することができます。

注意したい点として、評点はついていません

 

企業情報を個人利用できるサービスまとめ

3社の情報を表にしてみました。

nifty ジー・サーチ TDB
入会金 なし なし なし
月額費 なし 300円 なし
料金 1,200円~ 1,600円 480円
情報量 本家同等 本家同等 少ない
クレカ 使える 使える 使える
評点 あり あり なし

 

最後にひとこと

103
ネットで「企業情報 調査 個人」などと検索すると出てくる探偵事務所のようなサイトには注意してください。

かなりボッている可能性が高いです。

やはり、プロの信用調査会社が収集した情報をベースにしているサービスを使うのがよいでしょう。

 

まとめてみて、私も参考になりました。

さあ、もっと勉強して知識を付けよう!

-TIPS
-,

Copyright© 倒産研究室 , 2019 All Rights Reserved.