TIPS

帝国データバンクと東京商工リサーチの評点がアルファベットになっているときの見方について

更新日:

こんちには!103です。

帝国データバンクと東京商工リサーチの評点は0〜100点の実数のはずですが、アルファベット表示になっているのはどうして?

を調べてみてました。

スポンサーリンク

調査会社の評点とは?

企業の信用度を1〜100の実数で表した評価指数。

100点に近いほど信用に足る(取引時の貸倒リスクが限りなくゼロに近い)ことを表していますが50点前後に集約されています

この理由は別途記事を書きますがざっくり言うと、評点ガイドラインが決まっていて、ガチガチに教育された調査員が付けるからですね。

一般的に、50点以上は取引して大丈夫、49点以下の場合は取引になんらかの条件を付ける(前金、半金をもらうなど)という考え方が浸透しています。

 

帝国データバンクも東京商工リサーチも自社サービスでは実数表示

帝国データバンクの企業概要は50点以下はアルファベット表示になってしまいますが、基本大手信用調査会社の純正サービスでは、評点を実数表示で閲覧することができます。

ちなみに自分の会社の評点を見ることはできるのか?

両社とも自社の評点を見ることはできません。

そのため、友人の会社に頼んだり、日経テレコンやジーサーチ、ニフティで自社情報を見ることができます。

参考記事
帝国データバンクや東京商工リサーチのサービスは個人利用できるか?

あの会社の情報がどうしても欲しい!(個人的に) 不動産購入したいけどこの管理会社大丈夫? 息子が内定もらった会社が気になる 芸能人がオーナーの企業情報を個人的にみたい このような個人的な事情で企業情報 ...

続きを見る

スポンサーリンク

 

日経テレコン、ジーサーチなどのデータ供給先では50点以下がアルファベット表記

アルファベット表示になるのは、パートナーというか、データベースを供給しているプラットフォーム上でデータベースを見たとき、ということになります。以下のようなケースがあります。

帝国データバンクの場合

D3だったらヤバい、D4だったらかなりヤバい。という感覚を持っていてください。

ただしD4の場合は先方が全く取材に協力していないこともありえるので、調査取材協力度にも注目する必要があります。

  • D1(評点47~49点、気にするほどではない)
  • D2(評点44~46点、取引そこまで問題ない)
  • D3(評点40~43点、注意が必要)
  • D4(評点39点以下、確認必須で場合よっては取引の見直しが必要)

東京商工リサーチの場合

東京商工リサーチのアルファベット評点も、帝国データバンクと同じ考え方をします。

  • W(評点47~49点、気にするほどではない)
  • X(評点44~46点、取引そこまで問題ない)
  • Y(評点40~43点、注意が必要)
  • Z(評点39点以下、確認必須で場合よっては取引の見直しが必要)

実数が気になる場合は、帝国データバンクの場合は調査レポートを、東京商工リサーチの場合はtar-van2で企業概要を閲覧する必要があります。

 

まとめ

この記事のおさらい

  1. 評点がアルファベット表示になっているのは点数が低い証拠かつ自社サービスを使わせるための防衛策!
  2. 日経テレコンやジーサーチなどデータ提供先サービスでは50点未満の評点はアルファベット表示
  3. 従って実数が気になる場合は、TDBの場合は調査レポートを、TSRの場合はオンラインサービスをみないといけない

どうしても必要であれば、ニフティでTSRの企業情報をみるのがいいんじゃないかと思います。

 

まとめてみて、私も参考になりました。

さあ、もっと勉強して知識を付けよう!

-TIPS
-, ,

Copyright© 倒産研究室 , 2019 All Rights Reserved.